作品紹介

付下

薄抹茶地立て霞に松文様  (部分)

付下着尺 薄抹茶地立て霞に松文様 (部分)

薄いお抹茶の地色に、ぼかしで縦に霞を配し、
金泥と刺繍で松を表現したものです。

まさに上品そのものの飽きの来ない作品です。
嫌味なくどんな席にでもお召しいただけるでしょう。

これもまた泰三の作品らしいすっきりとしたもので、
帯も良く映えると思います。

丁字茶地に松  (部分)

付下着尺 丁字茶地に松 (部分)

やや濃いめの丁字茶の地色に松を糸目と箔と刺繍で表現したものですが、
その松の葉で、蔦の葉の変形を形取っています。

非常にあっさりとしてかつ品格のある逸品で、晴れの席にもお召しいただけます。

仕立て上がるとやや軽めの飛び柄の訪問着となりますので、
紋を入れておけば色々なお席に重宝すると思います。
松は当然松竹梅、蔦もその繁殖力からおめでたい柄の代表です。

いつの時代にでもお召し頂けるものをと思った私は考えていますが、
その代表のようなものでしょう。

薄ピンク地 流水取り小花に波の菱文様  (部分)

付下着尺 薄ピンク地 流水取り小花に波の菱文様 (部分)

上品な薄いピンク地に、ぼかしで流水をあしらい、
その中に波や菊の模様を手描き友禅で加工し、
波の柄の菱の文様を飛ばしています。

季節を問わず、仕立て上げれば軽めの訪問着の格が
ありますので、フォーマル着としてもお使いいただけるものです。

年齢幅も広く、長くお召し頂ける逸品です。

ページ上部に戻る
  • 振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 訪問着
  • 付下
  • 染帯
  • 泰三からのお知らせ
  • 銀座泰三ブログ
  • お問い合わせ