作品紹介

色留袖

 

色留袖 藤ピンク地に立て小花縦並び文様 (部分)

年齢幅の広いピンク地に、総刺繍で小花を縦に並べたものです。

お背がすっきりと見える柄です。泰三ならではの繊細で
多種多様な高度な技を駆使したものです。

 

色留袖 藤ベージュ地 波頭に松文様 (部分)

寄せては返す波を友禅と金彩で表現し、松林に見たてて松模様を刺繍と、
摺り疋田友禅で表しています。

小袖をほうふつとさせる豪華さで、叙勲などで宮中に行かれる方などには
最適の最高の1枚です。

まさに美しいキモノで、刺繍の品質も泰三ならでは繊細、
精緻な最高の技の結晶といえます。

まさに美術工芸品の世界かもしれません

 

色留袖 薄浅黄地菱に波小花模様 (部分)

非常に上品な薄いブルーの地色に、金彩工芸で波を、
刺繍で四季の花を表現しています。

泰三独特の繊細な平糸使いと、金駒、撚糸使いのさし縫い、
相良などの技法を駆使した逸品です。

品格あるこうしたモノづくりはほとんど今京都中でも
一言で激減というくらいの易しいものではなく、
市場からいわゆるいいものは姿を消しつつあるのが現実です。

泰三は他のコピー屋がいくら真似をしたくても、そのセンス、
品質で敵うものではありませんが、職人さんの高齢化や後継者がいないということ、
需要の衰退に鑑みてどこまでできるのかという状況はいかんともしがたく、
非常に生産上の困難を極めていますが、
最高品質の最高のモノづくりを目指して来たものとして、
これからも尽力したいと思っております。

ページ上部に戻る
  • 振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 訪問着
  • 付下
  • 染帯
  • 泰三からのお知らせ
  • 銀座泰三ブログ
  • お問い合わせ