作品紹介

黒留袖

黒留袖 竹格子に懸崖菊古鏡裏文様 (部分)

まさに泰三ならではの豪華な逸品です。

バックにある格子を極細の金菅縫いで表現し、菊が懸崖風に並ぶ中に
古鏡裏文様を配したものです。

すべて総手刺繍の最高の技を駆使した作品です。

これほどの物を作るところはありませんし、日本を代表するキモノづくりの
一翼を担ってきた身として、今本当に厳しい状況ですが、
お客様にお助けいただいて今後もこつこつモノづくりに励むことが、
とりもなおさず一番日本文化へ貢献することだと思っております。

 

黒留袖 総刺繍霞に飛鶴文様 (部分)

非常にシンプルな作品ですが、普遍性のある美を兼ね備えたもので、
上品で飽きの来ない本物です。

霞の部分に使われている極細の金糸をもっと極細の糸で
止めていくという金菅縫いは非常に高度な技が要求されますので。

これほどの場面に使われることは他社ではありえません。

またこうした大きな柄は、技の優劣が分かりやすいので、
泰三のコピーを盛んにするところも小さな柄ばかりをしています。

菅縫いだけでなく、平縫いのさし縫い、金駒刺繍も他の追随を許さない
最高レベルの技を駆使しており、ぜひ一度お手にとってご覧になっていただきたいと思います。

泰三の刺繍の作品をご覧になれば
以後他の刺繍のキモノを選ぶ時に参考になると思います。

黒留袖 総刺繍流水に菊文様 (部分)

まさに泰三を代表する総刺繍の非常の上品で華麗な逸品です。
泰三の留袖は、文様を、細い金糸ですべて周囲をまつい縫いしてありますので、非常に立体感があります。

またさし縫いは、極細の糸を使いますので、この作品のように白と金だけで表現しても、縫った表面が、まるでお皿のように綺麗な平面ですから、乱反射して陰影が付きます。

これはよほどの腕がないとそこまでの仕事はできません。当社のコピーは巷にありますが、全く品質では雲泥の差でしょう。

この光沢こそ泰三の刺繍のキモノの特徴です。

また金駒繍、金菅縫いも非常に高度なレベルで 、極めた作品といえます。

ただ残念なことに、全体の需要が減退していることもあって、潤沢なモノづくりができず、後継者が育ちませんから、このままではいずれこの生産はできなくなっていくであろうということが予想されています。

ページ上部に戻る
  • 振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 訪問着
  • 付下
  • 染帯
  • 泰三からのお知らせ
  • 銀座泰三ブログ
  • お問い合わせ