泰三のこだわり

泰三の作品は一柄一点の世界にただ一つのものです。
その一つ一つに、多くの職人の魂が宿っていると言っても差し支えない労作です。
現在の友禅には、多くの表現方法や技法がありますが、先代はその中でも、刺繍と金彩の加工を重視しておりましたので、作品の写真をご覧頂ければ分かると思いますが、刺繍が各作品にふんだんに使われています。

宮崎友禅が考案したという友禅染は金彩加工も、刺繍も使われていません。
それは江戸初期に町民があまりに豪華な衣裳に身をやつすのを苦々しく思った時の幕府が奢侈禁止令を発令し、それに応じてこの友禅染がもてはやされたので、当然加飾の加工は施していません。

ですから泰三の作品はどちらかというとそれ以前の慶長小袖に見られる、日本美術史上最も絢爛豪華な時代の服飾を現代に再現したものといえるかも知れません。この頃の文様を慶長模様と言います。

泰三は現代に慶長模様を取り入れた最初のものであり、また現在では泰三のみのものとなっております。

勿論背景には友禅加工を施すのですが、あまり細かな友禅加工をせず、それを金彩や、総刺繍で表現するところが、泰三の作品の特徴です。

なかでも泰三の振袖はまさに慶長小袖の現代版といえます。
当時の技法をより高度なものとして昇華させ、泰三のセンスで表現した上品で華麗な作品は、後世に残る美術品だろうと自負いたしております。
大変難しい桶染めという技法を使いますので、今ではこういうものを作るところも泰三だけとなっています。

高級なものだけに、勿論品質も最高を極めるために、京都の最高の技を持つ職人さんたちと長きに渡って仕事をしてまいりました。ただ高齢化の一途で一方後継者がまったくいない、というのは残念かつ危機的な状況です。

先代は刺繍にことのほかこだわっており、昭和40年代には京刺繍で高級刺繍では質量共に最高の加工をしておりました。

ところが昭和50年代に入り、京刺繍の加工賃が暴騰し、以前のような加工をし続けますと、すべての作品が小売価格で数百万円となるため、とても続けていくことが不可能だろうと思われました。
ちょうどその頃に出会いがあったのが、国交再開後間もない中国蘇州の長い歴史を誇る刺繍の技で、昭和49年から、その秀逸な平縫い(糸を撚らないで使う刺繍)を京刺繍の技と組み合わせることで、高級な刺繍の技に新たな境地を開拓することが出来ました。
この蘇州との関係構築のお陰で、泰三の作品はほとんど値動きのない、安定した小売価格を維持できるものとなったのです。

京刺繍は縒り糸を使うのが特徴ですが、中国は極細の平糸使いで表現するので、大変写実的な立体感のある表現が可能です。
終始一貫その極細の糸使いをしているのも泰三だけで、他の業者はほとんどもっと太い糸で、簡単な加工をさせているのです。
美術工芸品とも思える高級な刺繍技は泰三の作品の最大のこだわりですし、手にとって良くご覧頂ければ他のものとの差は歴然です。

この中国との関係を今まで維持するために、私は大変苦労を致しました。中国が完全な社会主義国から、現在のような日本以上の拝金主義的資本主義に移行する過程をずっと見つめながら、その変遷の中で同じ仕事を続けることは本当に至難の業でしたが、理解ある現地の人と協力して、その中国の文化である技の継承にも一役買ってまいりました。

現在泰三の作品は、刺繍加工のとても重いものは蘇州で、それ以外の友禅を主体としたようなものなどは、京都で刺繍を施すというように使い分けております。
その重い加工に耐えるための生地も、振袖は全量誂えておりますし、留袖も白生地屋さんのご理解で、ほとんど泰三のもの作りのための重いものを織っていただいております。

泰三の留袖、色留袖、振袖、そして豪華な訪問着は看板商品ですが、その技法をそのままで作る、付下げ、染帯なども、まったくのオリジナルなもので、他にはない上品な雰囲気を醸し出しております。

創業以来60数年を経て、取り巻く社会環境も大きく変わり、その時代時代に即応するように考えるのがファッションですし、先代創業時のデザインとは現在は大きく変化しております。しかし根底に流れる上品さを失わず、今後もそのオリジナリティを大切にしたものづくりに励み、先人の苦労に報いたいと考えております。
作品の数々は写真でもお分かりでしょうが、機会あれば銀座か京都に是非おいで頂き、手にとってご覧頂ければそのこだわりは一目瞭然です。

職人だけでなく、材料を作る人、道具を作る人も次々きもの業界から去り、一番肝心な、ものの分かった売り手の高齢化、そそて若い人の参入の無いこのきもの業界で、こだわりの逸品を作り続けることは至難の業ですが、今後も知恵を出し尽力してまいる所存です。

ページ上部に戻る
  • 泰三からのお知らせ
  • 銀座泰三ブログ
  • お問い合わせ