濃い地のキモノ

カテゴリー:

有名老舗問屋の廃業の一方、無料着付けと良いながらキモノを販売する会社の決算が好調だと聞いて、真面目な物を真面目に売るところが駄目で、そうでないモノをとんでもない値で売るところが儲かっているという現実には暗澹たる思いです。

結局テレビの力や発信力で、お客がさらわれて、初心者が本来行って欲しい店には行かないということですから既存店の発信力不足に尽きるわけです。

情報社会での発信不足は致命傷になりかねません。
発信力のあるお客様が代わりに発信されると言うこともあっても、自らが恒常的に発信できなければ続きませんね。

ところで近年キモノを着たいという人はかつてに比べて格段に増えていると思います。
ただ実際に実践している人はたとえば茶道を嗜んでいるとか、伝統文化に関わるお稽古事、あるいは歌舞伎観劇などにいそしんでいるような人以外は、普段に着ると言う人はまだまだ少ないように思いますし。キモノ初心者は相当な数だろうと思います。

普段に着るような人にはリサイクル族が多いのも事実ですが、非常に取り合わせの悪いはっきり言ってどうかなという着こなしをしている人が多く残念な思いです。

多分全く独学なのでしょうが、地色にしても自分にはどんな色が似合うんだろうとか、正しくアドバイスしてくれる人もいないのかも知れません。どんな着方をされるのも自由と言えばそうですが、小物との取り合わせも含めて色彩的どのように映るかということも勉強されてはいかがでしょうか。
私も配色に迷ったときには配色辞典という本などを参考にしています。そんなに高くない薄い本です。キモノだけでなく洋服を着る時にも参考になります。

初心者が多いのと、時代の流れかも知れませんが近年どういうわけか薄地を選ばれる方が多くて、濃い地のキモノの動きがとても悪いようで、現実に私どもでも濃い地の訪問着が残っています。
我々物作りをするモノは地色にはとても悩みますが、お洒落なこうとな色というとやはりひねった濃い地を選びます。
濃い地の色は引き染めでも大変難しく、高級なモノは何度も色を重ねて行きますのでそういう仕事をしたキモノの濃い地はむっくりした味わいがあります。

NCに出ているペラペラの生地で透けるのをごまかすための濃い地とは全く違うのです。

濃い色は締まって見えますし、顔も白く映ります。色が濃いから濃い地は嫌だというのは間違いです。
次回の泰三の会にはそうした訪問着をお持ちしますので、1度お袖を通して見てくださいconv0001.jpg

濃い地のキモノ

カテゴリー:

有名老舗問屋の廃業の一方、無料着付けと良いながらキモノを販売する会社の決算が好調だと聞いて、真面目な物を真面目に売るところが駄目で、そうでないモノをとんでもない値で売るところが儲かっているという現実には暗澹たる思いです。

結局テレビの力や発信力で、お客がさらわれて、初心者が本来行って欲しい店には行かないということですから既存店の発信力不足に尽きるわけです。

情報社会での発信不足は致命傷になりかねません。
発信力のあるお客様が代わりに発信されると言うこともあっても、自らが恒常的に発信できなければ続きませんね。

ところで近年キモノを着たいという人はかつてに比べて格段に増えていると思います。
ただ実際に実践している人はたとえば茶道を嗜んでいるとか、伝統文化に関わるお稽古事、あるいは歌舞伎観劇などにいそしんでいるような人以外は、普段に着ると言う人はまだまだ少ないように思いますし。キモノ初心者は相当な数だろうと思います。

普段に着るような人にはリサイクル族が多いのも事実ですが、非常に取り合わせの悪いはっきり言ってどうかなという着こなしをしている人が多く残念な思いです。

多分全く独学なのでしょうが、地色にしても自分にはどんな色が似合うんだろうとか、正しくアドバイスしてくれる人もいないのかも知れません。どんな着方をされるのも自由と言えばそうですが、小物との取り合わせも含めて色彩的どのように映るかということも勉強されてはいかがでしょうか。
私も配色に迷ったときには配色辞典という本などを参考にしています。そんなに高くない薄い本です。キモノだけでなく洋服を着る時にも参考になります。

初心者が多いのと、時代の流れかも知れませんが近年どういうわけか薄地を選ばれる方が多くて、濃い地のキモノの動きがとても悪いようで、現実に私どもでも濃い地の訪問着が残っています。
我々物作りをするモノは地色にはとても悩みますが、お洒落なこうとな色というとやはりひねった濃い地を選びます。
濃い地の色は引き染めでも大変難しく、高級なモノは何度も色を重ねて行きますのでそういう仕事をしたキモノの濃い地はむっくりした味わいがあります。

NCに出ているペラペラの生地で透けるのをごまかすための濃い地とは全く違うのです。

濃い色は締まって見えますし、顔も白く映ります。色が濃いから濃い地は嫌だというのは間違いです。
次回の泰三の会にはそうした訪問着をお持ちしますので、1度お袖を通して見てくださいconv0001.jpg

濃い地のキモノ

カテゴリー:

有名老舗問屋の廃業の一方、無料着付けと良いながらキモノを販売する会社の決算が好調だと聞いて、真面目な物を真面目に売るところが駄目で、そうでないモノをとんでもない値で売るところが儲かっているという現実には暗澹たる思いです。

結局テレビの力や発信力で、お客がさらわれて、初心者が本来行って欲しい店には行かないということですから既存店の発信力不足に尽きるわけです。

情報社会での発信不足は致命傷になりかねません。
発信力のあるお客様が代わりに発信されると言うこともあっても、自らが恒常的に発信できなければ続きませんね。

ところで近年キモノを着たいという人はかつてに比べて格段に増えていると思います。
ただ実際に実践している人はたとえば茶道を嗜んでいるとか、伝統文化に関わるお稽古事、あるいは歌舞伎観劇などにいそしんでいるような人以外は、普段に着ると言う人はまだまだ少ないように思いますし。キモノ初心者は相当な数だろうと思います。

普段に着るような人にはリサイクル族が多いのも事実ですが、非常に取り合わせの悪いはっきり言ってどうかなという着こなしをしている人が多く残念な思いです。

多分全く独学なのでしょうが、地色にしても自分にはどんな色が似合うんだろうとか、正しくアドバイスしてくれる人もいないのかも知れません。どんな着方をされるのも自由と言えばそうですが、小物との取り合わせも含めて色彩的どのように映るかということも勉強されてはいかがでしょうか。
私も配色に迷ったときには配色辞典という本などを参考にしています。そんなに高くない薄い本です。キモノだけでなく洋服を着る時にも参考になります。

初心者が多いのと、時代の流れかも知れませんが近年どういうわけか薄地を選ばれる方が多くて、濃い地のキモノの動きがとても悪いようで、現実に私どもでも濃い地の訪問着が残っています。
我々物作りをするモノは地色にはとても悩みますが、お洒落なこうとな色というとやはりひねった濃い地を選びます。
濃い地の色は引き染めでも大変難しく、高級なモノは何度も色を重ねて行きますのでそういう仕事をしたキモノの濃い地はむっくりした味わいがあります。

NCに出ているペラペラの生地で透けるのをごまかすための濃い地とは全く違うのです。

濃い色は締まって見えますし、顔も白く映ります。色が濃いから濃い地は嫌だというのは間違いです。
次回の泰三の会にはそうした訪問着をお持ちしますので、1度お袖を通して見てくださいconv0001.jpg

濃い地のキモノ

カテゴリー:

有名老舗問屋の廃業の一方、無料着付けと良いながらキモノを販売する会社の決算が好調だと聞いて、真面目な物を真面目に売るところが駄目で、そうでないモノをとんでもない値で売るところが儲かっているという現実には暗澹たる思いです。

結局テレビの力や発信力で、お客がさらわれて、初心者が本来行って欲しい店には行かないということですから既存店の発信力不足に尽きるわけです。

情報社会での発信不足は致命傷になりかねません。
発信力のあるお客様が代わりに発信されると言うこともあっても、自らが恒常的に発信できなければ続きませんね。

ところで近年キモノを着たいという人はかつてに比べて格段に増えていると思います。
ただ実際に実践している人はたとえば茶道を嗜んでいるとか、伝統文化に関わるお稽古事、あるいは歌舞伎観劇などにいそしんでいるような人以外は、普段に着ると言う人はまだまだ少ないように思いますし。キモノ初心者は相当な数だろうと思います。

普段に着るような人にはリサイクル族が多いのも事実ですが、非常に取り合わせの悪いはっきり言ってどうかなという着こなしをしている人が多く残念な思いです。

多分全く独学なのでしょうが、地色にしても自分にはどんな色が似合うんだろうとか、正しくアドバイスしてくれる人もいないのかも知れません。どんな着方をされるのも自由と言えばそうですが、小物との取り合わせも含めて色彩的どのように映るかということも勉強されてはいかがでしょうか。
私も配色に迷ったときには配色辞典という本などを参考にしています。そんなに高くない薄い本です。キモノだけでなく洋服を着る時にも参考になります。

初心者が多いのと、時代の流れかも知れませんが近年どういうわけか薄地を選ばれる方が多くて、濃い地のキモノの動きがとても悪いようで、現実に私どもでも濃い地の訪問着が残っています。
我々物作りをするモノは地色にはとても悩みますが、お洒落なこうとな色というとやはりひねった濃い地を選びます。
濃い地の色は引き染めでも大変難しく、高級なモノは何度も色を重ねて行きますのでそういう仕事をしたキモノの濃い地はむっくりした味わいがあります。

NCに出ているペラペラの生地で透けるのをごまかすための濃い地とは全く違うのです。

濃い色は締まって見えますし、顔も白く映ります。色が濃いから濃い地は嫌だというのは間違いです。
次回の泰三の会にはそうした訪問着をお持ちしますので、1度お袖を通して見てくださいconv0001.jpg

濃い地のキモノ

カテゴリー:

有名老舗問屋の廃業の一方、無料着付けと良いながらキモノを販売する会社の決算が好調だと聞いて、真面目な物を真面目に売るところが駄目で、そうでないモノをとんでもない値で売るところが儲かっているという現実には暗澹たる思いです。

結局テレビの力や発信力で、お客がさらわれて、初心者が本来行って欲しい店には行かないということですから既存店の発信力不足に尽きるわけです。

情報社会での発信不足は致命傷になりかねません。
発信力のあるお客様が代わりに発信されると言うこともあっても、自らが恒常的に発信できなければ続きませんね。

ところで近年キモノを着たいという人はかつてに比べて格段に増えていると思います。
ただ実際に実践している人はたとえば茶道を嗜んでいるとか、伝統文化に関わるお稽古事、あるいは歌舞伎観劇などにいそしんでいるような人以外は、普段に着ると言う人はまだまだ少ないように思いますし。キモノ初心者は相当な数だろうと思います。

普段に着るような人にはリサイクル族が多いのも事実ですが、非常に取り合わせの悪いはっきり言ってどうかなという着こなしをしている人が多く残念な思いです。

多分全く独学なのでしょうが、地色にしても自分にはどんな色が似合うんだろうとか、正しくアドバイスしてくれる人もいないのかも知れません。どんな着方をされるのも自由と言えばそうですが、小物との取り合わせも含めて色彩的どのように映るかということも勉強されてはいかがでしょうか。
私も配色に迷ったときには配色辞典という本などを参考にしています。そんなに高くない薄い本です。キモノだけでなく洋服を着る時にも参考になります。

初心者が多いのと、時代の流れかも知れませんが近年どういうわけか薄地を選ばれる方が多くて、濃い地のキモノの動きがとても悪いようで、現実に私どもでも濃い地の訪問着が残っています。
我々物作りをするモノは地色にはとても悩みますが、お洒落なこうとな色というとやはりひねった濃い地を選びます。
濃い地の色は引き染めでも大変難しく、高級なモノは何度も色を重ねて行きますのでそういう仕事をしたキモノの濃い地はむっくりした味わいがあります。

NCに出ているペラペラの生地で透けるのをごまかすための濃い地とは全く違うのです。

濃い色は締まって見えますし、顔も白く映ります。色が濃いから濃い地は嫌だというのは間違いです。
次回の泰三の会にはそうした訪問着をお持ちしますので、1度お袖を通して見てくださいconv0001.jpg

月別 アーカイブ