キモノにも流行があります

カテゴリー:

先日友人から自社のオーナー夫人の他人の婚礼でのキモノ姿の写真を見せられました。

結構良いキモノだと思うけれどと言うので見てみると、今時珍しく、親戚でもない婚礼で黒留め袖を着ていて、しかもそれは明らかに嫁入りの時に持たされたものです。
多分今から50年近く前のモノに違いありません。

どうしてそんなことが分かるのかと言われますが、洋服でも詳しい方は古いモノを着ていればそれはいつ頃はやったモノだとすぐに分かるでしょうが、キモノにも洋服ほどめまぐるしい流行の変化はなくても、社会の世相を反映した柄、色などがあるのです。

昭和の40年代は高度経済成長下で、社会全体に勢いがあって、経済的にも豊かになって行ったわけで、こういうときは割と、大きな、大胆なデザインのものが好まれますし、色調も派手目で明るい色が流行します。つまり自分を主張するモノを好まれるのです。

私の父もご多分に漏れず、大きめの柄をデザインしていましたし、泰三の留袖は友禅で取り方(道長取り、流水取り、松川取り、雲取りなど)を取って、その中に縫箔で大胆な意匠を表現していました。

私は昭和47年にこの業界に入っていますので、そうしたキモノをずっと見ておりましたし、その頃に作られたものは大体想像がつきます。

友人から見せられた写真も明らかにそうでした。その女性はいわばセレブなお人ですが、そのキモノ姿の写真を見ただけで、少なくとも、今の時代に相応しい、その方の年齢や地位に相応しいキモノを買ったことがない、キモノの知識が無い、茶道や華道の嗜みもないと言うことはすぐに分かってしまいます。今の総理大臣夫人も同様です。

晴れの席でのどんなキモノをお召しになるかということはキモノ文化大切な要素です。

その地位に相応しいキモノをお召し頂きたいというのは我々作り手の願望です。

日本女性で、しかも海外でも活躍されるような地位を持つ人が、キモノのことを知らない、持っていないというのは極めて恥ずべきことです。

今の女性政治家でも全くのように知りませんし、伝統文化への教養を持つ者は極めて少なく、従って正しく日本の歴史を把握しているとは言いがたく、そんな輩が次世代に何を残せるのでしょうかね。

キモノの模様などの変遷は過去ブログにも書いていると思いますが、我々は有り難くも先人が考案した文様、模様を下にして、今の世相に合う、柄、地色、配色などを考えています。
ですからその文様の成り立ちなども知る必要がありますし、当然歴史に興味があるのです。
梅垣さんも色々な過去の模様や文様を参考にされていますので、歴史のことは良く勉強されています。

先人の遺業を知って初めて現代が理解できるのです。

私も先代のデザインを見つめ直し現代にマッチするように私の感性を投入し、泰三らしい物作りを目指したいモノです。

ただ凄い加工のものは難しいので、汎用性のある上品なキモノを考えたいと思います。

これからのこと

カテゴリー:

きものギャラリー泰三は予定通り、7月31日をもって閉店させて頂きました。

18年の長きに渡りご愛顧賜りまことに有難うございました。

予想外に新規のお客様がおいでになりましたが、以前から当ブログや、FBで私の投稿をお読みになっていた方々なのです。

私の店はとても高いものしか、フォーマルのモノしか 無いように思われていたので、店の存在も知ってたけれど、いわゆる敷居の高い店だと思われたらしく、ブログは読むけれど店に入ったことがないという人が多かったのです。

ところが急に閉店するというと言うことになって、取り合えず1度は行ってみようと言うことでおいでになったのです。

すると、結構買いやすいもの、買いたいと思うものがたくさんあって、泰三という人もとても親しみやすい優しい人だと分かって、もっと早く来ていればろくでもない者を買わされないで済んだのにと後悔されておられたのです。

そんなわけで新規のお客様が急に増えたことも有り、その方たちも今後も色々相談に乗って欲しいと言うことですので、店は無くなりましたが、何かの形でお役に立つことを考え、今の店のすぐそばにある銀座東武ホテルの地下にある会議室でご相談会やミニ催事のようなことをさせて頂く音に決めました。

大体3ヶ月に1度くらいの頻度で開催しようかなと思っているのですが、

まず第1回を 9月14日(金)15日 (土)の共に午後1時から開催します。


今までもそうですが、おいでになるときにはご予約を頂きたいことと、事前に何かご相談毎やご依頼があればお知らせください。

たとえば私の目で小紋を探して欲しいだとか、梅垣さんのこんな帯が見たいだとか、なんなりとお申し付けください。

勿論京都においでになることも大歓迎でございます。

まだまだお宝のような泰三の作品も数多くございますので、是非ご覧になって頂きたいと思っております。


感謝を込めて

カテゴリー:

2018年7月31日をもって、約18年にわたり、多くの方々のご愛顧を賜った

「銀座きものギャラリー泰三」は閉店させて頂きます。

開店当時の慌ただしい日々が今更ながらに走馬燈のように脳裏を駆け巡ります。

元来の製造卸業として成り立たなくなった20年ほど前、いかにして先代が作り上げた

物作りの文化を伝えていけるのか、真剣に考えた末、企業規模が小さくてもなりたつには

製造小売り方経営しかないと

銀座の店は7月31日をもって閉店し、8月の盆前までにはスケルトン工事を終えてオーナーに返します。

次の契約者はすでに決まっているようですが、昨今の情勢から家賃も相当な値上げのようで、結果的に私が出て行くことで、オーナーは喜んでいるのではないかと思いますね。

それはさておき、店を閉めた後の、お客様方へのアプローチやフォローをどういう形で続けて行くかと言うことは大きな課題であり、責任でもあります。

京都に来ていただければ良いと言うことでは済みませんし、色々考えた結果、私の店に通われていた方々には分かりやすいすぐ近所の旧名 銀座東武ホテル(現コートヤードマリオット)の地下にある小ぶりな会議室を使って、色々とお客様のご要望にお応えしたり、こちらからも提案させていただきたいと思います。


早速に9月14日、15日の2日間の午後1時からを予約しておりますので、
その時に合わせて何かご注文あればお揃えしておきますし、ご相談もさせていただきます。

近づきましたら又ご案内いたしますが、おいでになるときにはやはりご予約を頂きますようお願い申し上げます。

そんなわけで3ヶ月に1度くらいそうした会をさせていただこうと今は思っておりますのでこれからもよろしくおつきあいの程お願い申し上げます。

なおHPもURLも変えることなく続けさせていただきます

後の祭り

カテゴリー:

7月24日は京都祇園祭の通称後祭りです。正式には還幸祭と言って御旅所に鎮座していた御神輿3基が、本社殿にお帰りになります。

祇園祭は市中の病魔、疫病退散祈願が本旨の祭りで、御祭神が八坂神社から市中にお出ましになり、1週間おられてお帰りになります。

山鉾巡行はその御神輿が通るまえに街を清めると言う意味なのです。
祭りとしては大きな行事は24日で終わり、後は神輿洗いだとか、後始末があって31日に終わります。

銀座きものギャラリー泰三も(株)染の聚楽のアンテナショップとしての機能を同じく31日に終えることになります。

ただキモノ文化に対しての姿勢は変ることなく、これからもペースダウンはしてでも、出来る範囲でキモノファンに対して参りたいと思います。

京都においでいただくか、すぐそばの銀座東武ホテルの会議室などを3ヶ月に1度くらい東京に来るたびに借りて、お客様のご注文をお受けしたり、作品のご案内をさせていただくつもりです。

HPはそのままの状態でアップし、東京に出る予定などを発信して参りますし、ブログは同様に更新して参ります。


閉店まであと1週間、一生懸命努めて参ります。

月別 アーカイブ