キモノ振興とは何だろう

カテゴリー:

きもの振興という言葉はずいぶん古くから使われています。
振興とは盛んになること、することという意味ですので、キモノ産業における振興というのは何のことかもう一度考えてみたいと思います。

キモノ業界には全日本きもの振興会という団体があります。昭和41年にはすでに発足していて44年には公益法人となっています。

この頃はキモノ業界はとても良い時代で、作れば売れる、仕入れれば売れるという状態でしたので、キモノを啓蒙しようとか、もっと着て欲しいという動機で作られた団体ではなく、どちらかというと室町の問屋の親睦団体のような存在でした。
ただ業界環境が良かったときにはそれなりにミスきもののコンテストなどの活動もしていましたが、今ではきもの検定を雑誌社に丸投げしている程度の、ほとんど存在価値ゼロの団体に成り下がってしまい、真の振興とは何か真剣に考えるほど余裕もなくなってしまいました。

近年経済産業省がきもの振興研究会、続いて協議会などと言う名でほとんど不毛の意味のない時間つぶしをしてますが、そもそも振興とは何を希求しているのか全く見えません。

全国にきもの産地の苦境が半端ではないので、それを再びなんとかしたいのだと言う思いだとしたら、最初の時になぜ産地の人間を入れなかったのか、インクジェットでものを作るような発想しかないような連中がそんな会でキモノ文化を語れるのか意味不明でした。

協議会という名に変わって産地代表も参加してはいますが、やはり何ら道は見えていません。

彼らはいったい何を護りたいのか、何を主眼として振興事業をするのか、本当は何も分かっていないのではないかといぶかしく思っています。

キモノ文化をもっとより多くの人に広める、もっと着て貰いたいだけのことでしたら、実はかつてより遙かにキモノを着る人は、レンタル、リサイクルという道も広がり。どんどん増えているような気がします。若い女性でもキモノを着てみたいという願望する人はかつてよりとても多いのです。

ちょっと昔話を致しますが、キモノ着用は昭和50年代に入って、洋装化が一段と進行し、結果冠婚葬祭以外での普段着の需要が急激に細り、小紋メーカーや、西陣でも名古屋帯の専業メーカーなどが次々廃業していったものでした。

ただ日本伝統文化におけるキモノの存在は大きく、結局キモノの大半の需要は冠婚葬祭と、茶道、華道などの稽古事、歌舞伎の観劇などが占めていました。

現に私がキモノに目覚めたのは、謡曲と茶道のお稽古を始めた頃からです。

ですから結構良い物が売れていた時代でもあり、高級呉服専門店も栄えていました。

しかし全体的には需要の絶対数が落ち始めていて、全体消費額も減り、昭和50年代半ば以降はかなり経営内容の悪い問屋も現れ始め、結局無能のそうした問屋が、自分のところのものを売って欲しいがために、狭くなりつつあるパイの奪い合いで、小売屋を甘やかし、委託で商うことを認めたり、支払い遅延を提案したり、まさに商道徳が乱れ始め、私も呆れかえったものです。
ビジネスの基本が分かっていないし、何と無能な集団だろうと思ったものですが、それを大手の問屋がやるものですから、、業界全体が引きずられ、他業界からみて本当に情けないほど程度の低い流通環境に成り下がっていきました。

父の後を継ぐことが親孝行だと思ってキモノ業界に身を投じましたが、あまりの人材レベルの低さに、この頃本当に道を誤ったと思ったものでした。

ただ当社は物作りをする会社ですし、その面白さにも填まっていましたので、気にせず良い物を作ることに専念していたものです。

傾き駆けていた問屋がバブルで無能な銀行の過剰な融資に助けられたのですが、しょせんは商いの基本を知らない連中ですし、バブルがはじけてからは、坂道を転がり落ちるように、急速に劣化し、まさに日替わりのように次々次々と信じられないような名門や、老舗が破産していきました。創業者の理念を守っていれば絶対そんなことにはなっていなかったわけで、無能の経営者のなせる業でした。


問屋だけでなく小売屋も同様で、どんぶり勘定で金払いの悪い専門店がこれまた次々と破産したり、あるいは嫌気がさしてさっさと廃業するところも多く、結局こうした流通環境の急速な悪化で、生産は激減し始めたのです。

委託商売が主流になってしまったがために、流通業者の持つ在庫もふくれあがり、それがためにまた生産減に拍車を掛けました。

日本経済全体もデフレとなって、高級フォーマルの販売も急速に細り始め、今度は普段着の安いものが主流だなどと言い出して、粗悪な紬などが出回り始めました。

まさに節操のない流通業者の無能は果てしなく、市場は、混乱を増すばかりで、暗中模索となり、もう何でもありで、かつてよりももっと遙かに程度の低い連中が、とんでもないものをとんでもない値で売りつける詐欺同然の商いも横行し、その上キモノを知らないものがキモノを売るなど、もう開いた口がふさがらないわけです。

従来からの物作りをする産地を救いたいからそうしたものを中心にキモノの販売を促進していこうというのだったら筋が通っていて、その生産が連続できるようにするために、職人養成に知恵と金を出すというのが国の立場でしょう。

ところが話し合いはそういう方向に進まず、金払いが悪いのが諸悪の根源でだからそれが改善できたら産地も元気になるだろうという、本当に呆れかえるような議論に話が及ぶに至っては、キモノ文化というものをどれほど愛しているのかと、怒りさえ覚えます。

インクジェットでの生産はどこでも出来ますし、それがあれば取り合えずキモノは作れます。そういうもので安いキモノを、より多くの人に買ってもらえれば、底辺が広がって、そのうち手描きの良い物を買う人がもっと増えるようになるだろうというのが今回に出席している輩の大方の考えのようですが、まさに臍が茶をわかします。

洋服と同じ感覚ですが、キモノを本当に買いたいと思っている人達の思いが全く分かっていないのでしょう。それは自分でまともな値でキモノを買ったことも無ければ、そのキモノを着ていく場所が思いつかない、つまり日本文化への造詣が全くないからそういう発想になるのでしょうか。

上代で50万くらいまでで上品な手描きの綺麗なきものを欲しいと思っている女性が、とても潜在的に多いのです。

ところが実際に探しても、そうしたものにお目にかかれないと言われます。

つまり今の消費者ニーズに今の流通は応えられないのです。

それどころか、この会で先頭を切ってああだこうだとうところが店外催事で粗悪なキモノを5倍も6倍もつけて売っていると言う事実をなんと心得るのでしょうか。

本当に消費者が求めている真面目な従来からの物作りのものをリーズナブルな値で販売することが出来れば、手描き友禅のキモノの生産も右上がりとなると私は信じています。

今本当にそうしたものの生産の振興が大事だと思うのなら、一番するべき事は、メーカー出し値の10倍や20倍にもなるような劣悪な流通環境を勇気を持って急速に改善することなのです。

現在の流通では全般に地値打ちと価格があまりにも乖離しすぎています。デパートはそういう意味ではまだ良心的だと、思っていたのですが、最近は決してそうでもありません。

我々から見てその品質、センス等から見ても明らかに高すぎるものがとても増えているのです。
これはリスクを仕入れ先に過度に被せているという現実があるからでしょう。
買い取りゼロで、オール委託ですから問屋の言うままの価格になっています。

メーカーからの出荷額が全国で値段がばらばらで売られているという現実も、それがために消費者に不信を生み、買い控えをされるという事もあります。

真面目な販売をされているところも、もちろん多いのですが、発進力が弱く、本当に残念ながら不適正と思われる価格で販売されているところで購買されている方が少なくありません。
きもの振興というのが買う人を増やそうと言うことなら、価格だけではなく、人材に育成も急務です。

そのことに関しては何度も申し上げていますが、キモノが好きで商うのなら勉強をしてその良さを訴えて行くのも当たり前でしょう。

キモノを着る楽しさを訴えるためには当然ながら自らが色々なシーンで着用して経験しなければなりません。

どんなものをどんなときに着ていくのかというアドバイスを差し上げるのが当然なのに、それに応えられないで口から出任せを言っているものも少なくありません。

きもの振興と国が本当に言うのなら、政治家はじめ、おもてなしの心として、日本人としてそれなりの場所には夫人だけで無く、自らもキモノを着るという気概を持っていただければ、きっと潮目が変わります。

後継者の育っていない現在の産地状況で言えば、高齢の職人さんに頼らざるを得ず、限界は見えています。

洋装とのタイアップなど違う道を模索もしていて、何とか技を残していこうという動きもあるのですが、手描き友禅はなかなか護るのに難しい条件が多く有り、今のままでは厳しい状況が待ち受けています。

要はこれからもキモノを買って着る人を増やし生産を維持したいと言うことなら、もっともっと消費者サイドに立った考えで、良質なものが如何にして届けられるのかと言うことに関して流通側の改革が待ったなしなのです。

私がやったような製造小売り型経営だけではなく、やるべき事は山ほどあるのですが、希望小売価格の設定が出来ないことも、改革が進まない大きな原因の一つでもあり、こうしたことも含め、生産者、卸業者、小売り業者でもっと真剣に実現可能なプランを練って実実践していかねばなりません。

行政が本当に手を貸したいなら、もっとこの業界のことを後ろ指さされなく語れる人からアドバイスを求めるべきだろうとつくづく思うものです。


いつも言う売り手の人材育成

カテゴリー:

過日東京日本橋のある老舗デパートであったことを知人から聞いて嘆かわしく、かつ悲しい思いを致しました。
仄聞ですから不確かですが、ざっとこんな話です。

そのデパートの上客が呉服売り場のベテランに、仲人のキモノの事で相談に見えたそうです。
その方の言われるには、両家の母親が、黒留袖はつまらないから色物にしようと話し合ったらしく、それでは仲人も黒留ではなくて何を着れば良いのかと言うことでした。

私が販売員ならそのことを聞いた時点で、両家の母親にやはり黒留を着るよう仲人として説得して欲しいとお願いするでしょうね。

結婚の披露宴の主催者の母親は、黒留袖を着るというのはいわば決まり事です。
それは変えるに値しない文化でもあります。

欧米でもフォーマルの洋装のプロトコールは、それなりの家柄ほど厳格に守られます。

聞けば400人ほどの招待体客と言うことですから、おいでになる中にはそれなりのキモノをお召しの方もあるでしょうし、キモノのこともよくご存じの方もおられるので、母親と仲人が黒留袖を着ていなかったら驚かれると同時に、もの知らずだと呆れられるでしょう。

つまり恥をかくわけですから、黒留をお召しになるのはその方達のためでもあります。

そうしたことを懇切丁寧に説明して、仲人さんにも黒留袖をお召しになるよう薦めるべきなのです。

それがどういう話になったのかは別にして、そのお客にとんでもなく価値のないぶっ高い色無地と信じられない程高額な袋帯を売りつけたそうです。

そのお客はキモノのことをよく知らないのでしょうが、本人はよほど良い物を自分で作ったんだろうと錯覚していますから、その時の着姿の写真を自慢げに友人に見せたのだそうです。

その友人は茶道のお稽古もされていてキモノのTPOもよくご存じですから、ただただ呆れ、お茶の仲間に話して、もう2度とあそこのデパートで買うのはよそうと言うことになったそうです。

東京の有名老舗デパートのベテラン販売員が、フォーマル需要で最も大切な結婚式で着るキモノのTPOを無視したものを平気で薦めるとは信じられない思いですし、こんな売り手が増えれば作り手は何を作って良いのか分からなくなります。

もう一つは色物をそんなときに着ようと思う女性があまりにもものを知らなさすぎると言う事実です。お茶などを稽古していればこんな発想は無いと思うのですが、伝統文化を知らない女性というのは今の世の中少なくないと言うことでしょう。

ものを知らないことで結果的に恥をかくと言うことで、無知、無恥時代の典型のような話でした。

きものを売るものがこうした伝統儀式、伝統文化を無視してそのルールを壊していくことで、益々きものは売れなくなっていくでしょう。

どこにでも着て行けるキモノや帯というものはありませんし、色々なシーンで似合うキモノをそれなりに楽しむのがお洒落です。

今急務なのは作り手の育成も大事ですが、正しい知識をもったセンスの良い売り手の養成です。

いったいどこで着るのか分からないようなものをとんでもない値で買わされているという現実は今でも続いており、売り手に反省もありません。

こうしたことが販売の益々の減少に結びついていることも明らかで、みんなが首を絞めているのです。

着たい人は増えているのにもかかわらず、初心者を正しく導ける売り手がいなければ、リサイクルやレンタルで済ましてしまう人は増えるばかりでしょう。

高齢の作り手はここのところ相次いで廃業していますし、各産地もこれからの物作りに物理的に不可能な事態が予想されており、個々の努力だけでは限界ですし、みんなで力を合わせて物作りの歴史を紡いでいかねばなりません。

そして何よりも売り手との意思疎通が肝心です。

お客様のために商うという心を持つまっとうな売り手と作り手との協業がこれから特に求められます。

古着でお稽古

カテゴリー:

私はキモノを作り売ると言うことを生業としてきましたし、そのためにも色々と自分でも勉強してきたつもりですが、まだまだ足りないこともあろうかと思います。

ただ齡70才という節目をもうすぐ迎えるわけで、この仕事に就いて45年の知識や経験から感じることなどをずっと書き連ねてきました。

過去のブログを読まれれば分かりますが、私はキモノが好きですし、男としては相当多いキモノの数も持っています。

若い頃から少しずつ買ってきたものですが、40年以上だとそこそこのかずになっていますね。
その上父のものもあります。

私は古着というか先人から引き継いだキモノを着ることはもちろん何の抵抗もありませんが、父や祖父、あるいはよく知る人からいただいたものだけで、誰が着た物か分からないものには抵抗がありますね。

それに仕事柄出来るだけ新しいものを買うことで少しでも産地のためになればと思っておりました。

今ではちょっとやそっとではこの苦境を脱することは出来ませんが、キモノ文化はそれを求める人達の意向、思考で大きく変質を遂げていくのです。

現在産地で忙しく生産しているところは、レンタル用のキモノで、当然ですが付加価値の小さい、インクジェットでの生産が主ですし、手描き友禅の本物志向のものづくりは益々減退していくばかりです。

古着であるが何であろうがまずはキモノを着る、慣れるということから始めていただいて、いずれ自分自分のキモノを買おうということになってほしいものですし、その時は
上品な上質な手描き友禅のものを欲しいと思っておられる方も少なくはないのです。

そのためにも古着で稽古しているときには正しい着方を身につけていただきたいものです。
襦袢と寸法を合わせるとか基本を知らない人も多いですし、せっかく着るなら綺麗に着てほしいと思うのは私一人ではありません。

生産が激減して、降る具の方が良いモノがあるなどと良いような話になりつつありますし、インクジェットにいずれ全て席巻されてしまうのかというのも、しょせんはお客様次第です。

物作りの文化の変質は全て客が決めることですが、売り手の方にも大きな責任があるちうのは以前から指摘していることです。

売り手が真のプロを目指しての勉強を怠らないことが結果的にこの業界を支えていうことになるのだと思います。

古着を着るときは、寸法だけでなく、その年齢に相応しいか、TPOは正しいのかなどを、教わり、勉強してほしいものです。

古着を売る店もそうしたことを気にして、お客目線で商って欲しいのに、素人同然の輩が、とんでもないものを売りつけ、その着姿が時々奇妙奇天烈なものと無っ対しています。

古着でしっかりトレーニングをされるというのもキモノ愛好家への一つの道筋かと思いますね。

綺麗に着るということを何よりも心がけていただきたいと思います。

プロであることの意味

カテゴリー:

私が東京にいる間に最近毎日にように新しいお客様が色々なところが来られます。

ほとんどの人の申されることは、どこに行ってもセンスの良い物がない、正しく知識を持った人がいないということです。

大体日本橋のM、Tデパートは行かれているようですが(後のデパートは論外です)、
曰く、センスが悪く、値段ばかり高く、知識不足で本当に信用が出来ないと、まあいつも同じようなことを言われ、泰三の作品を見てもっと早くこの店を知っていたかったと言われますし、現実にお買いいただいています。

もちろん好みというのは千差万別で、私が本当に超田舎臭いと思うものでも、それを勧められるままに買う人もいますし、何がベスト等とは申しません。

当店に来られてよかったと思われる方は、私の物作りの姿勢や好みを良しと思われるお客様と言うことです。

ただキモノを何も知らない人に、正しく色々な知識をお教えすると共に、その方に本当に似合いそうなものをお薦めするという仕事だけはきちんとして欲しいものです。

MもTも社員のレベルは下がる一方で、もの知らずで、本物を探すというか勉強しようという意欲もなく従来からの問屋の持ち込むままにとんでもない値を付けています。

情けないほど品質やセンスが落ちているのに値段は以前よりも高いというのは我々ベテランにはすぐ分かりますし、その問屋もののづくりのレベルの低下に暗澹たるものを覚えるのですが、過去の良きものを見たことがないものにはそのものの価値と値段の釣り合いも何も分からず、情けないものを掛けています。
売る方も、何が良いかどうかも分からない、自分の感性を磨くために一生懸命そういう勉強も何もしていない、素人同然の連中が、半マニュアル的にものを言って、よく知るお客様に呆れられています。

私も時々両デパートは覗きますが、まあレベルが下がりましたし、後数年でベテランがほとんどいなくなってしまいます、

だから今は人を育てるのだとそれなりに努力をしているのでしょうが、キモノそのもののことだけでなく、感性を磨いたり、キモノを着る背景の伝統文化のことなど何も知らないようでは、やはり客の失望を益々増大させるばかりでしょう。

バイヤーの連中ももっと真剣に色々なものを見に行って欲しいものですが、買い取りゼロで委託ばかりで問屋の褌で相撲を取ってばかりいるようでは、真にお客の声など分かるわけはないでしょう。

自分で買って、自分で着て、色々なところに行ってみると言うようなことを実践できないものが、どうしてお客のニーズに応えられますか。相談にのれますか。

私は20年前くらいからそうした思いを強く持って、自分で前に出たわけです。
私の方が遙かにものを知り、伝統文化そのものを自分で身につけてきたわけですから、私がアドバイスする方が世のためで有り正義だと思ったのです。だからこそ売り手としてある意味初心者であっても長く続けられたのでしょう。

私はこうしたブログやSNSなどで情報を発信していますが、当初はきもの雑誌などにもそれなりに広告などを出して写真なども掲載されていたのですが、そう言う雑誌の編集者たちがあまりにもものを知らないという現実を見て、とんでもなく品のない輩が大きな顔をしていることもあって、そんなところに情報を出すことを良しとせず、最近はいっさいつきあっていません。

経営母体が外国などになったところもあって利益第一主義で何でもありですし、いつも暗澹たる思いをしています。

きもの雑誌もいくつかあるのですが、どちらかというと普段着のそれもかなり低レベルな事を発信しているところなど、もう呆れかえるレベルですし、結局はキモノを買えない層に発信してるし、その内容も益々軽く教養がないので、実際発行部数が相当伸び悩んでいるどころではなく苦戦しているところが多いようです。

10万円以下で買えるキモノの情報をいくら発信しても、キモノの振興にはほぼ役に立たないことがその編集者には分からないのでしょうね。

結局それも本物の綺麗な品格のあるキモノを見たことがなく、アパレル的発想で片付けるからです。
こうしたアマチュアのような者が、知ったかぶりでキモノ業界にものを言うのが私は許せないのですな。
ちょっと顔が良い、ちょっと弁が立つ、ちょっと筆が立つ程度でキモノ文化をさも自分はよくよく知っているがごとくに発信するのは辞めて貰いたいものです。

本当にプロと思うのならもっともっとど真剣に勉強してください。知識だけでなく自分の目を肥やす努力をしてください。

私も若くないので、あまりうるさく言いたくありませんが、消費者と真面目な作り手との間に立つ橋渡しの役の不勉強は益々目立ちます。

もちろん日々研鑽を積む人もおられることでしょうし、そう言う人に出会えた消費者は幸せです。

豆に色々な店で色々な販売員と話してみてください。そのうちにそうした真面目な消費者思いの、センスの近い人に会えると思いますし、そう信じたいです。

出来ることはあるのにしていない

カテゴリー:

14日から東京に出ております。
12月3日に新内節の会に出演するので、今月はこれからずっと東京です。
京都に戻っても、いつも同じように良いニュースもなく、ろくでもない話ばかりで気が滅入ります。

レンタルキモノの程度の低さも輪を掛けてきましたし、最近は中国人がペラペラの振袖を普通のキモノのように着ており、半幅帯に下駄というのには驚きました。

業者も節操がなく、何でも貸せば良いと言うことで、業者の数が増えると供に質の低下も著しく、本当に目が腐ります。

東京でも道行くキモノ姿で、本当に上品で上質だと思うものを着ている人に会うことはほとんどありません。
中にはチンドン屋まがいの人もいますし、明らかに40年以上前だと思われるキモノを平気で着ておられる人も少なくないですね。

買う側の消費者の知識不足を手に取った奇妙奇天烈なキモノも相も変わらず作られてNCや無料着付け教室の販売会などで、嘘八百で買わされているのには、本当にこの業界の劣化をつくづく思います。作り手の矜持などゼロのカレベルの低い男が跋扈しています。

売る側の見識の無いところも激増し、それに連れて作り手もどんどんかつて無いような程度の低い男が平気で商っています。

この業界の流都合者など他の追随を許さないダントツのワーストでしょう。
情けないことおびただしく、消費者目線ゼロの輩の多いことに腹が立つと言うより、この業界の衰退の現実を思い知らされます。
どこにも相手にされないような人材がこの業界で、物作りはコピーばかり、売り手は嘘八百を平気で大声でまくし立てる始末です。

つまらないものを高く買わされるのもしょせんは自己責任でしょうが、普段なじみのないキモノや帯に関して知識の無い人があまりにも多いから、そういう詐欺師そこのけの連中が大きな顔が出来るのです。昔ならすぐに淘汰されますが、そうならないのが不思議な現況です。

この間もあるメーカーの人が3万円で卸しているものが50万円で売られていて、
我々良識ある業界人からみると、いくらどんなに高くてもこの場合なら15万円以下でないとおかしいのです。

泰三のもののように世界に一つというものではありませんし、どこかでは全然違う値で売られてるのでしょうが、あまりにもその良識のなさにいつものことですが、憤慨しています。

こうした消費者にとって不都合な流通環境をいつまで経っても変えて行くことが出来ないというのが、この業界が他業界と違うところでしょう。

メーカーが中小零細が多く、市場を操作できる力が無く、全て販売を流通業者に任せているがために、いくらで売られようが文句がいえないということがずっとずっと続いているのです。
経産省が和装振興協議会なるもので不毛の論議を重ねているようですが、業界内に横行する金払いの悪さを是正しようなどとまるで公正取引員会のようなことを提言したりしていますが、まさにナンセンスの極みです。
まあ国から言われて急に金払いがよくなるとは思えませんし、急にそうしたら今度は潰れるところが増えそうです。

メーカとして金を払わない輩は排除して取引しなければ良いだけの話で、こんなことが解決の糸口にはならないのです。

経産省の役人程度ではキモノ文化の神髄とはなにかも分かりませんし、委員会のメンバーも安物志向ばかりですから、いったい何をすれば良いのかが分からないのでしょう。

まあ結局こんな事でお茶を濁しておしまいなのでしょうが、やるべき事、やった方が良いこと等まだまだいくらでもあったのです。それは全て消費者のためであり、正当なキモノ文化の継承のためでもあるのですが、完全に手遅れという観も否めません。

要するに商い本来の良い物をリーズナブルに売ると言うことを実践するには、今のキモノ業界の流通業者の不見識はあまりにもひどく(もちろん真面目な人も多いのですが)、それを解決するには、やはりメーカーが価格決定権を持つべきで、希望小売価格を設定するべきなのです。
あるいは私がやったようにメーカーがアンテナショップの展開をすることです。

私は自分の信念に基づいてそうしてきた結果、今まで続いてきたわけで、仕事に正義があればか必ず続けられると思います。

私が以前から言っているように、一番の問題は流通環境であり、それを本来出来るのは問屋だったはずですが、江州商人の三方良し等どこ吹く風の教養の欠片も無き連中の経営ですから、流通環境は劣化の一途をたどったというのも自明の理で、老舗問屋が続々倒産し影も形も無くなったと言うことです。

まあ今後も改善の見込みがありませんので、消費者をだまして安物をぶっ高く売りつける商いは減らないでしょうし、だまされる人はいつまで経ってもだまされるでしょう。

結局行き着くところまで行くでしょうし、センスある高級な絵羽もの生産はかなり近い将来にほとんど着えてしまう恐れは十二分にあると言うことです。
残念な現実ですが後には戻れません。

天に向かって唾を吐くようなことをしないと言うことに尽きますね。

月別 アーカイブ