古希ともなり

カテゴリー:

今日有り難くも古希を迎えることが出来ました。

38歳の時に67歳で父が亡くなり、爾来32年間会社を預かり、絶対に倒産させることなく、かつ父の偉業を継承することに腐心し、我慢し、気が付けば死んだ父の年を越え、
70歳という大台に達しました。

以前にも書いていますが、私は若い頃から当時非A非Bと言われた肝炎ビールス保菌者でしたが、後にC型ビールス性慢性肝炎という症状を長く続け、37歳の時についに劇症肝炎を疑われたような肝炎となり、以後4回の長期入院を余儀なくされるという病歴を持っています。
37歳で入院し、肝炎の数字が治まって退院すると入れ替わりのように父が入院し、その年に亡くなってしまいました。

我が家は肩こりの家系で、かつて針灸師が来ていました。当時の針治療などは、針を使い回しする様なレベルで、私も受験勉強中で肩が凝るからと言って、両親のあとにして貰っていたのですが、その針灸師自身がC型ビールス性の慢性肝炎を煩っていたので、両親もその針灸師も最後は肝臓癌を発症し亡くなったのです。誰から遷されたのかは不明とは言え私も罹患したのは事実です。

55歳の時に母が亡くなり、その後のストレスから入院した時には、流石に父と同じようにいつか肝硬変から肝臓癌を発症してもおかしくないと思っていたのですが、その年の暮れに、1週間で1度の投与で済むインターフェロンが日本でも認可されたと言うことで、当時すでに銀座に店を出していましたから、それなら店も維持できるだろうと一年間の投与に踏み切り、苦しい副作用も有りましたが、見事にビールスは消失し完治しました。
お陰で肝臓も再生され、今こうして元気でいられることに改めて神仏や先に旅だった両親、そしてお客様各位のご加護かと思い、こうして生かされてることに心より感謝しております。

父が死んでまもなく 平成の御代となり、バブル経済のお陰で、当社も大変忙しい目をさせて頂きましたが、それも数年後に反転し、以後今までまさに我慢我慢の連続でした。

その間母も亡くなって、案の定ろくでもない眷属のために大変な目に会ったり、公私ともにあまり良いことはありませんでしたし、20年程前に信頼していた得意先の無能極まる3代目の若造社長に裏切られ破産されたことで大きな被害を被ったり、その後も呆れかえる放漫経営を続けていた銀座の老舗専門店の連続破産など、キモノ業界を取り巻く環境は急速に悪化しました。
それに替わって、どうしようもない屑問屋共が仕掛ける消費者を騙して儲けるという、マーケティングという言葉さえ知らないようなこの業界の問屋のリーダーのために、キモノ文化は急速に劣化し、安物問屋が大きな顔するような事態となりましたが、実際その土地土地にあった一番店の後継者が、創業者が亡くなるとその残された資産で食うという選択をしたり、倒産したりで、我々上物屋が行く道がどんどん閉ざされていきました。

まさにこの頃が我社のピンチで、熟考した結果、委託ばかりでその上金もきちんと払わないような無能きわまりない無知で無教養な流通を使うよりも、自らが製造小売りをすることの方が、消費者のためにもなるという思いから、製造小売りに転じようと思い、それが現実に叶い、以後18年間、自分の思いを成就でき、かつ啓蒙啓発も果たせたことは本当に神のご加護と思っております。

本当は70歳で老兵は去ろうと思っていましたし、後継者も決めることが出来なかったので、廃業を意識していたのですが、売り手の資質が一段と劣化し、物知らずの販売員がとんでもないようないい加減なことを吐くために、消費者の信頼感は一段と縮小し、どの店に行けば良いのかと言う声も大きいので、世のためにももう少し頑張ろうと思っている次第です。
私の想像以上にキモノ業界の市場は縮小して行きますが、何とかこれからも本mのの文化を伝えるために腐心して参るつもりです。

色々お分かりにならないことも含めお困りのことあれば遠慮無く御相談下さい。

昨年の秋以降キモノ業界の動きは、尋常ならざる様相を示し、生産者の苦悩は増すばかりです。
展示会をしても来客も少なく、来られても買わないと言うことで、かといって今更店内で売れるように品揃えを充実させるための在庫投資も出来ないと言うことで、売り手もどうして良いのか分からないという声も聞こえます。
元来専門店はセレクトショップなので、店内にその店主の好みを揃え、その好みを愛でるお客様に販売するのが当たり前なのですが、いつの頃からか店外での催事で売ると言うことが常態化してしまい、店内在庫の充実という道を放棄したような専門店が殆どとなってしまいました。
そうした催事には問屋が全量委託で提供してくれるし、問屋も手っ取り早く売上げが取れると言うことで、専門店に買わないで済む商いを薦めたモノですから、いつの間にか一番大事な商品リスクを取らないで済ましてしまう専門店が殆どとなってしまいました。

そうした店外催事は当然ながら経費もかかりますし、そのうえ同じお客が重ねて買ってくれるためにも、色々な付録を付けつけることで、益々経費がかかるので、それを結局商品に被せるから、普通よりもかなり高い値で販売することになります。

でも余り高いと売れないわけですから、益率だけ増やそうとしたがために、結果的には
安物を高く売るという商いが常態化して、その際たるところがNCで、メーカーの卸額(それも委託ですが)から見て最低10倍から20倍というような尋常ではない価格が付いています。高すぎると自分たちでも思っているので、すぐに値引きもしてしまうがために、それで余計に高い値をつけるという、まあ商いの常識、常道も知らない輩の最低レベルの流通業界に成り果ててしまったのです。

勿論中にはこつこつと真面目に店売りで頑張っているところもあって、すべてがひどいというわけでもないのですが、大きな流れには逆らえないところもあって、メーカーはここのところ大幅な減産をしているところが多く、それが結果的に高齢化した職人さんの引退につながっているのです。

専門店でも店外催事ばかりに頼っているので、例えば梅垣さんのものを催事では扱っても、店内の在庫として置かないので、消費者が梅垣さんの帯を見てみたいと言われても現実にそこそこ置いて貰っている専門店やデパートも無いのが現実です。

以前は東京なら私の店に来ていただいたら良かったのですが、今はありませんので、梅垣さんも消費者から問い合わせのあったときに何処に行けば良いと言えないので困るようです。

私は西陣の良心を貫く梅垣さんにはお世話になっていますし、実際お締めになって本当にその良さをお分かり頂けるのでずっとお薦めしていますが、それを見る機会が無いというのは全くもってもったいないわけで、これからも東京での泰三の会には必ずお持ちします。

今回は特に西陣が苦境だというので、お手伝いの意味もあり、是非より多くの方々に梅垣さんの帯を紹介したいと言う思いから、梅垣さんの帯を中心に取りそろえるつもりです。
ご覧になりたい方がございましたら、事前にご連絡いただきますようお願い申し上げます。両日共に銀座東武ホテルのB1タブローの間で12時から18時まででございます。


あと3年?

カテゴリー:

毎年4月の初めに京都で開催される業者間向きの展示会というのは、今では年間で一番大事な会となっていて、かつては専門店も全国から仕入れに京都に押しかけたもので、その晩には問屋の接待で市内のあちこちに呉服業界の嬌声が聞こえた物です。
ところが今年は過去最悪というほど専門店が来ていないし、来ても殆ど買わないという状態だったようです。

仕入れをしないでどうして商えるのかと言うことですが、本来専門店は仕入れた物を店の中で売るのが当り前で、店外でたまに催事をすることもありましたが、基本は店売りでした。
自分の好みで仕入れた物を売るというセレクトショップが本来の姿で、コツコツ小じんまりでもそうした商いをされている専門店も今でも無いわけではないのですが、

近年はすべて委託の商品で店外の催事で売上げを作るという商いが常態化して、問屋が手を変え、品を変え、色々な企画を提案して来ました。
中には色々なサービスを付ける販売会も多く海外旅行や温泉旅行付きだとか、歌舞伎観劇券のプレゼントなどをつけていますが、実は殆どすべて売価に上乗せしているので、消費者は自分で払っているのです。
ですからどうしても高額になるので、それをローンを組ませたり、強引な販売手法に消費者庁からも警告も受けているのですが、何処吹く風です。

質の悪いところが改めることもなく、そんなところに卸す問屋も同様で、自浄能力など元々何もない業界です。

ところが消費者もだんだん分かってくると、そういう胡散臭い店外催事に行かなくなります。そういう展示会は問屋が派遣したキモノを着た女性が売るケースが多いのですが、これがまた中にはとんでもない者がいて、知ったかぶりであきれ果てたことを言ったりしますので消費者の方が引いてしまいます。

昨年秋くらいからそうした店外催事の集客力が急激に落ち始め、年を開けても益々落ち込んでいくようで、問屋に物を貸しているメーカーも頭を抱えています。

確かに景気は減速し、すでにオリンピックバブルが弾けたと言う人もいます。
当然先行きに不安を覆えるので、買い控えが浸透しているという背景が大きいのかも知れませんが、専門店に買わせないで店外催事ばかり仕掛けてきた問屋に元凶があり、ある意味自業自得だと私は思っています。

商品リスクを負わない商いで寝れきった小売店は今更店内在庫の充実のために買うことはないでしょうし、店内在庫を問屋が貸すというのも最も嫌がるでしょう。

デパートなども売り場の商品はほぼ全量借りているので、取引している問屋はその面づを見るのが大変で、有名老舗問屋もあちこちの仲間問屋から借りまくっているというのが現状です。
それでは良い物が集まるわけもなく、結局売上げづくりのために外商を動かした店外催事に頼らざるをえないというのが現実です。ですから何時も同じような客に案内状が行くので、流石にお客が買い渋ると、何と最近は2割くらい平気で値引きをしてしまいます。

かつてデパートはそうした値引きをしないというのが見識でしたが今や常態化しています。
その値引きの半分は問屋に持たせますから、問屋は当然それを見越して高い目で委託します。ですからどんどん値札が高くなるわけです。

消費者目線を無視した、売りたいがための身勝手な売り方に、長くこの業界にいるものとして、ただただ呆れ情けない思いをしています。マーケティングなどと口では言っても完全に間違っています。

本当はこんな業界から即刻足を洗いたいと言うのが本音ですが、逆にだからこそ私どもを頼りにされるお客様も少なくないということですので、まだまだ辞めるわけにはいかないと自覚しております。

しかしこうした状況が今後も続くと、商品リスクを長くメーカーが持たされてきましたので、相当に疲弊しており、しかも市況悪から、生産が一段と絞るので、売る方も安易に借りられ無くなるだけでなく、一番心配なのが高齢化している職人さんが、仕事がなくてこの辺で見切りを付けて廃業してしまう事です。

現にそういう話をこの間から良く聞きますし、こうした事が連鎖していくと、手描き友禅や西陣織の本物を作ると言うことが、どうかするとあと3年くらいで終わってしまうのですはないかと、作り手は大変な危機感を持っています。

そうはならないことを祈っていますが、材料の良い物が無くなって来たと言うことは本当ですし、このままならやはりそうした事態がそう遠くないうちに訪れるだろうというのは本当だと思います。

先日ある花街の春の踊りの会に行って来たのですが、総踊りの揃いのキモノは明らかにインクジェットプリンターで作られたものだと思いますが、現実の型物はすでに90%がインクジェットで生産されているので(そのため薄い生地でしか作れない)、今後益々手描き友禅の本物が姿を消していくことになります。

本当は買いたいと思っておられる方々に真面目な商いでお買い上げ頂くように努力していくしか道はないのだろうと思いますし、お客様のお声がかかる間は努力をいたしたいと思います。

本当はこんな話ブログで書いても何の意味もないように思うのですが 需要喚起のためには本当に話をお伝えした方が良いだろうと思うのです。

元号も代わりますし、日本人が日本人としての心を取り戻し、文化にもっと目覚めそれないに可処分所得のある方たちがキモノに目覚めて頂けることを心から願うこの頃です。

たった3軒

カテゴリー:

新しい元号が決まり、5月からスタートするわけで、そんな年に私も70才の節目を迎えるのも何かの縁かと思います。

令と言う字に、美しさや優秀を感じる人が今の時代にどれ程有るかは疑問ですね。かつては年賀状などでも連名で奥様を書くときに、令夫人様などと記したものですが、そうした人は少ないかも知れませんね。

やたらに日本の文化をどうのと上の方の人は宣っていますが、そんなに本当に思うならこんな時に黒紋付きでも着ればと思ってしまいますね。

その黒紋付きですが、普通羽二重という生地を使います。

この生地は経糸、緯糸共に撚りを掛けない平糸を使いますが、特に緯糸は水で濡らした濡れ緯という糸で織るので、緻密で丈夫な生地が織れます。ですから水や湿気が作用するので今は北陸地方が中心になっていますが、特に高級な物は新潟県五泉市で織られています。
かつては輸出羽二重と言って、広幅のものを世界に輸出していたのですが、今は小幅、つまりキモノ用の生地として織られています。

私の黒紋付きも、お客様からご要望があったときにお染するのもすべてこの五泉のあるメーカーの最高級の重目の物でした。
ところがその有名なメーカーが昨年急に廃業をしてしまい、結構騒動になっています。

特別なものを作っていたところだけに他のメーカーで代替できないという事情もあり、
他の産地に振ると言うことをされても、水や湿気などの関係から、同じ物は絶対に出来ないという結論に達したようで、そこで作ってた物が消えてしまうと言うことになりそうです。

実は五泉は、羽二重だけでなく、塩瀬、夏物の絽などの主要産地ですが、どの品種も需要が激減しており、1年前にはたった6軒しか残っていなかったのですが、そのメーカーが廃業したのに引き続いて、今月で後2軒減ってしまい、何と歴史ある五泉産地がたった3軒の織屋しか残らないという極めて尋常ならざる事態になっています。

勿論五泉市自体も主たる産業は他に色々あり、牡丹の生産日本一だとか、織物でも洋装のニットの生産が盛んですから、白生地の生産源が地域経済に与える影響は、そう大きくないのかも知れません。

ただ地域の特色有る文化としては何とか続けて、その文化を繋いで行って欲しいと心から願っています。

3軒で地元で精練が可能かどうか厳しく、他所でせざるを得ないとその風合いが変ってしまい、その文化が変質をすると言うことになってしまうでしょう。

しかしそれでも辞めないでいただきたいし、流通側ももっと危機感を持って白生地の販売促進に努力して欲しいと思いますね。

ご主人に黒紋付記か色紋付き姿を薦めるとか、色無地のお誂えを促進するとかお願いしたい物です。

ところが最近は色無地でも紋がいらないなどと平気で宣う販売員がいるそうですし、何をするにしてもまずもっと勉強していただかないと、消費者が何処で買えば安心できるかと言う声がいつまで経ってもなくなりません。

産地の未来は、勿論消費者の需要にかかっていますが、それには見識ある売り手の存在が欠かせないことは言うまでもなく、今後の専門店やデパートの活躍が鍵であることは言うまでもありません


ジレンマ

カテゴリー:

長い文章を書いていたらどういうわけか最後の最後で消えてしまいまた書き直しです。

ここのところ良い話が全くありません。

市況は一段と冷え込んで、メーカーは売り上げがかなり落ち込み頭を抱えています。
特に上質な上物を作るところほど落ち込みは大きいようです。

このまま何もしなければまさに打つ手も無く、廃業に向かうところも増えて行きます。

キモノを着る人や関心を持つ人は増えていますが、買う人は減っているというのはまことに奇妙ではありますが、レンタルやリサイクル市場は活発ですから納得です。

古着を着る事への抵抗感など今は無いに等しく、晴れの場所でもレンタルで済ます人も激増していますから、本物にこだわるメーカーにとっては不甲斐ない思いです。

ところがそうしたメーカーが見るだけの会をするとかなりの人が集まるわけで、潜在的にはやはりそうした物を買い求めたいという願望は当然ながらあるはずです。

結局経済的な理由が一番でしょうが、今の政治に対する不信から不要不急の買い物は控えようという事態になって来ているということでしょうか。

もう1つはそうした物を何処に買いに行けばあるのか。どの店が信用できるのかという、この業界の流通業への不信も背景にあるでしょう。

今更申し上げませんが、呆れるような売り方をしてきた店が山ほど存在していると、えり善さんのような真面目な店がかすんでしまい、専門店で買うのが怖いなどと言う信じられない思いを持つ人もいます。

結局キモノ業界が消費者不在のとんでもない商いを続けてきた結果が今の事態を生んでいるとも言えます。
ある意味自業自得なのかも知れませんが、梅垣さんのような本物を作る人と、それを買いたいと思う人との橋渡しが上手くいっていないという事実を見るに付け、私もこれからそうした人達のお手伝いをしなければと言う思いを強く持ちます。

潜在的に買いたい人がいると言うことが分かりながら実需に結びつかないジレンマを如何に解消するかというのは、正しく流通業のこれからの使命でしょうが、業界しての自浄能力はゼロに等しく、本当に消費者の声を聞いている者は本当に一部だけという有様です。

ですからメーカーももっと消費者に向かって実のある発信をするべきですし、そのためにブランディングを強化すること、不真面目な業者をメーカー側から排除することです。

生産者の高齢化などから事は緊急を要するのですが、文句を言っている割に具体的な行動を起こす人が少なく、結局従来の流通環境に甘んじているのが現実です。

結局それなりに資産もあって食うに困らないという背景から危機感が薄いのではないかと思います。

必死にならないと改革は出来ませんが、そこまでしなくてもという風に、自ら動くことを避けているように見えて仕方がありません。

今社会の変わり目ですし、価値観も大きく変化しています。
これほど縮小した業界ならやる手もまた逆に色々あるように思います。

やるかやらないか、それが問われます。

傍観したような言い方で申し訳ありませんが、私は命を掛けてすでにやってきましたし、お陰で今も楽しく仕事をしております。

実需者との信頼関係の構築、それには色々な道や方策もありますが、そのことを肝に命じて前進すれば自ずと道が開けると信じます。

月別 アーカイブ