いよいよ来ましたか

カテゴリー:

あっという間に6月ともなり、キモノも単衣の季節ですね。

ただとても暑い日などはいきなり夏物をお召しになっても普段着なら一向構いません。

平均気温が上がって単衣の活躍する季節が長くなるだろうと思い、実際コロナ騒動がなければ5月から着るつもりで、洒落たお召しを何枚も新調したのですが、お茶の稽古が今月もお休みと言うことでなかなか見せる機会が無くて残念です。

京都は感染者ゼロが続いていますので、そろそろ動き始めようかとも思っていますが、
北九州の例があるので、街に出るとみんなマスクやお店によってはフェースシールドなんかしているので、マスクしていないと何となく申し訳ない様な気がして、いつもしていることにしています。
ただこれから暑くなるのに、マスクは辛いですね。マスクの効用はああだこうだとは言われてはいますが、感染予防に何らかの力なるでしょうか、これから日本にはマスクをするという習慣が生活文化として定着するかも知れませんね。

さてこんどのことで、新しい価値観に合わせていけないところは退場を命じらるだろうと書いたのですが、早速西陣の老舗の買い次ぎ問屋(産地問屋、西陣の多くの織屋の製品を仕入れ、室町の問屋や地方の問屋に卸す。京都の位置から上問屋とも言います)が、先月末で廃業することを表明しました。バブル期190億もの商いがあって、昨年が6億あまりと、言うことで将来を危ぶみ迷惑掛けないうちの廃業と言うことですが、この30年近く全く何も変えないで旧態依然とした商いに固執した、と言うよりそれしか出来なかったと言うことで、こんどのことで引き金を引かれたと言うことでしょう。

かつて産地問屋組合でNO1企業だけに、少し驚きましたが、まあ今となってはここを利用していた大手問屋が困るくらいで体制に影響はないとは言うものの、ここに売って貰っていた織屋で困ったところがあるかも知れませんね。

方や、同じ老舗ですが白生地を織る丹後で生産量1,2を争う機屋が生産を一切止めて在庫だけを売っていると聞いて、これは流石に驚きました。

ここはある京都の老舗白生地問屋の専属のように仕事をしてきたのですが、近年その問屋からの発注量も激減し、新規の生産を止めかつて織ったものの在庫を売って商っているようです。白生地は1反だけ織ると言うような事が出来ないので、ある程度のロットで織ります。
今の状況では余るのですが、精練に掛けないで、生機(きばた、生糸で織った状態)のままで置いておけば黄変することもなく長い間置いておけます。

この織屋の社長はこの先ただ白生地を織ってい行くだけでは企業としての将来が見込めないので、社業を変えようとして、従来の商いから撤退を考えているようなので先ほどの問屋とはまったくちがいます。

何も出来なくて去って行くのと、新しいことにチャレンジするために成長性のない現業を整理すると言うのでは月とすっぽんでしょう。

キモノの業界にいても今まで通りのやり方では食えないと思ったら、色々思考錯誤しながらも企業存続のために、何かを変える、場合によってはキモノの業界から去るというのも選択肢です。

経営者は企業を潰さないことが使命ですし、キモノ業界でも色々な動きが近い将来起こるだろうと予想されます。

ただキモノという文化が本当に好きなら、私が製造卸から製造小売りに変えたようにどんな変化を求めようとも、キモノの仕事に従事していって頂きたいと若い人にお願いをします。

緊急事態宣言解除の後にくるもの

カテゴリー:

緊急事態宣言下ではこれと言ったニュースもなく、少し間が開いてしまいましたが、皆様はお元気かとお慶び申し上げます。

日本人は元来同調圧力に従順で、勤勉で、衛生概念が多分世界一で、医療体制が完備していて、皆保険で貧富の差無く十分な医療が受けられるなど、数え上げたら切りが無い程の美点で、ロックダウンしなくても終息に向かっています。

大した検査もしないので世界から批判されながらも、政治家や官僚は世界から比べようもなくレベルが低くとも、国民の良識がそういう結果を産んだと言うことです。

休業補償も微々たる物でも皆ががまんして辛抱して切り抜けてきたのですが、東京でも経済的な落ち込みは限界まで来ており、都知事のパフォーマンスにはこれ以上つきあえないと、夜の世界も始業していますが、すでに銀座の高級クラブなども閉め始めていて、いままでの風習文化などに大きな影響が出ています。

もう早第2波のことが取りざたされていますが、国は何もしないで各自治体任せです。今までと同じやり方で押さえ込めると思っているようですが、経済的な疲弊は半端ではなく、また閉めてまた明けるというやり方では社会が壊れます。

各省庁が相変わらず縦割りで手柄争いをしようとしていて情けないかぎりです。
有事に学歴など何の役にも立たないのに何も変りません。まさに無能の集団ですが、たばねるトップが最悪ですので致し方ありますまい。

さて振り返ってキモノ業界ですが、当然大きな影響を受けていますし、当社も作るだけで販売の方はゼロにも等しく、もちろんこのままでは済みません。

6月くらいから徐々に色々な催しも再開され、キモノの展示会も行われることでしょうが、当面はやはり厳しいことでしょう。

今回のことで色々な価値観も変化しつつあり、果たしてキモノへの新規需要がどうなるのか全く見通せません。

泰三の会もこのまま終息傾向なら7月頃を考えていますが、果たして実現できるかは未知数です。

でも何か歴史の変換点にいるのは興味深いことでもあり、ウイルスに負けないで前進して参りたいと思っています。ただ客様の声があればですが。

やや終息へ

カテゴリー:

現在の日本は、政治家と官僚が無能でも、国民は勤勉で従順で、清潔感にあふれ、健康意識も高いし、マスクをする習慣、土足で家に上がらない、挨拶にスキンシップがないなどの多くの理由で、諸外国から見ると訝しいほどPCR検査数が少ないままに、徐々に感染者が減り、特に死者数が少ないのはやはり医療制度がキチンとしていること、皆保険制度でだれもが分け隔て無く治療して貰えるなどの理由によるものでしょう。

フランスなどはロックダウンを一部解除したら、いきなりマスクはしていませんし、ハグもしています。きっと再び感染者が増えるでしょう。

日本もこの所一部地域を除いて感染者ゼロが続く様な県が39県あり、大阪も独自モデルを達成したと言うことで、規制を共に緩和し始めました。少しうかれ気味で心配ではあります。

しかし今のままでは経済活動があまりにも下がり廃業や倒産が相次ぎ、早く全面解禁にならないと中小零細企業だけでなく、大きなところも以前から内容の悪いところは危ないです。

現にレナウンが倒産しましたが、今後も作り手の苦境は続くでしょうし生き残りは体力勝負の様相です。
かく言う泰三も安穏とは構えていられません。東京での展示会が出来なくなれば、思うより早く引退に追い込まれるかも知れません。

今後は東京を中心とした首都圏の様子に掛かっているといっても過言ではありません。
これからの東京の動静は多くの産業にとっても死活問題となるので気になるところです。

年内の半年あまりがとても重要になるのだろうと予想し、どう考え動くかということがとわれることでしょう。

とにもかくにも泰三は良い物を作って行くだけです。

GWが終わって

カテゴリー:

異常な形でのGWもあっという間に終わりました。

私もSTAY HOMEで孫の世話をしたり戯れているのがせいぜいで、何処にも行かずに過ごしていました。

6日までだとがまんしてたら、何とまだ月末までだと言うことで、しびれを切らして店を開けているところも有って問題ではありますが、実際京都は財務的な補償金額があまりにも少なく、圧倒的に零細企業の多いこの地で花開き継承されてきた数多くの秀逸な文化が、その担い手と急激なパトロンの減少で、継続が困難となりつあるのは、まことに悲しい現実です。

京都には芸術、学術、美術、芸能などの関係のフリーランスが数多く生活していて、職人さんも含め、こうした貴重な人材を何とかしなければ、無くなっては惜しい、無くしては行けないモノが消えていきそうです。

京都は端から見ていると裕福な街に見えるでしょうが、今の市長が無能で、余計なことばかりに金を使い山ほど来る観光客で潤う寺や他府県から参入した業者から金を取れず、逆に観光インフラばかり金を使って市民は全くその恩恵を受けません。

今度のことで色々と見直しがあるかも知れませんが、無能とは言え選挙で選ばれたわけですし京都人自身の責任でもあり仕方がありません。

ただこうした変事には必ずおきな変化もつきものです。
スペイン風邪の後には日本の経済状態は大きく後退し、そのことが戦争へ導かれる結果とんったと言われています。

今回先進国から大きく色々な面で遅れていたこともようやくエンジンが掛かってきたようにも思いますし、今までのアメリカ頼り一辺倒から脱却し、日本人が日本人と仕事をする本来の形に戻り、IT技術を活用し、地方でも仕事の出来る環境を整え、一丸となって再興に努めたい物です。

そのためにも無能の官僚が余計な口を出すとかお馬鹿さん3世議員などが当選しないような見識を国民自身が持ってほしいものです。

破滅か繁栄か国民自身が決めるのだと思います。今までのままなら超アホのリーダーを擁する自民党に好きなようにされて破滅への道を歩むでしょう。

当然の事ながらキモノ文化は低級化を極め、思い出話に終始し上物、本物終焉の道をたどる事でしょう。

この騒動の後に

カテゴリー:

緊急事態宣言以降殆どの業界が死んだ様に静まりかえっていますが、実際打つ手が無く、
一部ネットでの売買があっても極めて低調で、この事態が長く続けばキモノ業界も予想外の深刻な事態が進展する恐れがあります。

すでに観光、飲食関連で倒産が連発し始めていますが、キモノ業界でもリサイクルショップチェーンのTが民事再生法での倒産の事態となっていますし、今後もローカルチェーン店など破綻の噂が流れています。

しかし一番深刻なのは生産段階の窮状です。キモノの生産では湯熨斗やさんには上物も数物もかならず仕事が入るのですが、今の状況はまさにカスカスです。
つまり染め出しが考えられないほど減っていて生産現場はガラガラの状況が続いています。

まあ今は致し方ないとも言えますが、事態が長引くと私が何時も心配しているとおり、引退廃業が早まる恐れが十二分にあります。

物作りの未来に重要な技の継承が極めて困難な時代に、とんでもない事が起こり、複雑な技を駆使した物作りほど、そのことに必要な職人さんがいなくなっているので不可能と言うことです。
それで無くても見識も教養も無い連中が安物の仕事ばかりさせるので、すでにつくれなくなっているものも少なくないのです。
京都人としての自負があるなら、こんな時こそ後世に残る物作りにチャレンジして欲しいと切望しています。

次世代を引き継ぐ者が安物志向では、本当に買うという人達とは思いが違うのだと言うことを理解して欲しいのです。

このコロナ騒動が終結した後に何が残りどう変っていくのか、先を読むのは難しいかも知れませんが、オンラインでの会議や飲み会も含め、一段とネットを活用した世界が待っていることでしょう。
物に対する価値観も大きく変わるかも知れませんし、所有より借りるという風潮が加速するかも知れませんが、だからこそ買う人は、買って後悔の無い物を渇望されていると言うことも忘れてはいけません。

希望小売価格の設定などやるべき事は山ほどありますし、こんな時だからできることもあります。常に消費者目線で何に付けても頑張れば道は開かれると信じて精進して欲しいと思うものです。
私も中途半端なモノを作らないよう、美しい物作りに努めて参ります。

月別 アーカイブ